Home > Archives > 2008年08月

2008年08月

番外編~91'HONDA CRM250~後編

crm-2.jpg
①ほぼ完成、サイドカバーはなかなかいい形にならず、これで3つ目です。このように元のサイドカバーを切っただけです。シェラウド(タンクの前のヤツ)も純正をアールを描くようにカット。
そしてもともと直立ぎみだったタンクも、ペイントの白ラインで前傾しているかのように錯覚するようにしてみました。

②ちょっとすぐ裏手の林道に行ってきたのでフェンダーが泥々ですが、とりあえず完成です。
フェンダーは塗装しようと思ったら、社外(UFO)のものが10ドルぐらいで手に入るのでそれに変えました。ペイント代より安いとは。

③チャンバーはプロスキル製のステンレス。中古の傷だらけの物を磨いて使いました。結構バカっ速なのですが、最近慣れてきてもう少しキ○ガイじみた加速感が欲しくて、キャブを換えようか、リードバルブを換えようかはたまた圧縮を・・・・と思案中。
シートは染めQ(皮用の缶スプレー状の染料)で黒とツートンに。

④ハンドル、メーターも換え、スッキリしました。普段と全くジャンルが違うので、なかなかデザイン面で苦労しましたが純正の外装をメインで使いながらペイントとステッカーで15歳くらい若返ったのではないでしょうか?


番外編~91'HONDA CRM250~前編

crm-1.jpg
更新が遅れた上に、興味の無い方には見ても仕方ないオフ車のカスタムです。しかも私物です。
仕事の合間に10ヶ月かけて(実作業時間は1~2日くらい)作りました。
①手に入れた状態。91年式CRM250俗に言う2型ってやつです。それにしてもボロいな~。
②特にシートは悲惨。張替えより中古探した方が早そうだな~。さあこれをどんな風にイジるかなぁ。オールドスクールのチョッパーは得意なんですが、今回は全然違う感じでイジっていこうと思うのですが、勝手が違いすぎて難しそーです。
③フロントフェンダーをカットして、リアフェンダーはCR250(レーサー)のアップタイプに換え、塗装のラインのイメージをしてみたり、タンクのシェラウドのカットラインを考えてみたり。
全体のイメージはFMX、フリースタイルモトクロス(ジャンプしながらいろんな技を空中でキメる競技)のバイク。
④顔面だけちょっとストリートファイターな感じにしようと思います。アルミリブフェンダーの切れ端と、店にあったフォグを流用してみました。まだ、メーター周りが重いなぁ~

FMX、フリースタイルモトクロスの動画です
    ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

お盆に働く者の特権!?

shaken.jpg
姉さん知ったはりますか?お盆は陸事がガラガラやっちゅう事を・・・

そうです、陸事はカレンダーどおりでやっているので、お盆も年末もやっていて、しかもガラガラなのです。これは時間短縮になるので、さっさと終わらせてかえるぞ~!
①こんな時にご苦労さまです、年中無休!?BerryBads発見!!

②検査のラインは1台も並んでいません。ガ~ラガラです。
ちなみに去年の12月29日だったか30日だったかは、車も含め、完全に私一人で、検査官も掃除しかしておらず、早く帰りたいのかドライブスルーの様に、ラインに入る走行中にウインカーなどの検査をして、あっちゅう間に終わりました。
こりゃ今日も直ぐに終わるな~

③と思っていたら、事もあろうに光軸調整用の工具を検査ラインの機械の隙間に落としてしまいました。
あ~、こりゃやっちゃったな~。
検査官3人に手伝ってもらいながらフロアをバラしました。(前代未聞!?)

④無事に救出された工具。スナップオンは高いからな~、あー良かった~。てかお騒がせしました。
んな訳で結局いつもと変わらず時間短縮はなりませんでした↓↓

ちなみに当店では、陸事に持ち込みによる車検しか受け付けておりません。陸事で通せないバイクの車検や、カスタムは受け付けておりませんので悪しからず。

8月の休みのお知らせ

8gatu.jpg

世間は盆休みで浮かれていますが、当店はのんきに長期休暇など取れる状態では無いので、8月は17日と18日の2日間休みとさせていただきます。
多くの待たせているお客様、もうしばらくお待ち下さい。そして、私の分までバカンスを楽しんで下さい。
ボーナスが入った方はお金をバラ撒きに来て下さい。お中元もお待ちしております。

さて、ニューオーダーも終わり1週間が経ちましたね。私は今回もほとんど写真を取っておりませんので写真がいっぱい見れるサイトを紹介しておきます。

おなじみSP@RETiME 。もう見られた方も多いかな?PHOTOの所にいっぱいアップされています。

フリーライター(合ってる?)のLOWBROW WORKSことYASSさんのブログ。ここの記事内にもあるflickr(フリッカー)に写真がいっぱい載ってマス.

やっぱプロは綺麗に撮りますね~。

個人宛ですが。キムラ君へ、タコライスのおいしいお店はこちらですヨ!(またもや勝手に宣伝系ですみません)

ちなみに、写真のバイクは3年前に作ったヤツです。これもなかなかイケとんな~

ORIGINAL T-SHIRT

t-shirt.jpg
完売しました。今の所再販の予定はありません

ご存知の方もおられるかとは思いますが、今回、NEW ORDER CHOPPER SHOW に合わせて当店オリジナルTシャツを作りました。
バックプリントはこんな感じで、胸には「1%er」のロゴが入っております。

ショー後も電話等でTシャツの販売について問い合わせがありましたので、ここに告知させていただきます。現在Sサイズが売り切れで、M、L、XLサイズにつきましてはまだ在庫がございます。どーしてもSが欲しい方は一度ご相談下さい。
カラーは白のみです。みなさん黒いTシャツばかり持ってないですか?てな訳で、あえて白にしました。
price 3500 yen(inTAX)

取り置き、購入のお問い合わせは、TEL&FAX077-532-1514または問い合わせフォームより承っております。
公開されますが、コメント欄の記入でも結構です。
店頭にて販売いたしております、通販希望の方は問い合わせて下さい。

NEW ORDER CHOPPER SHOW sono-2

new-order-2.jpg
NEW ORDER CHOPPER SHOWでは、「ビルダーズチョイス」というビルダーが自分以外のバイクに1位、2位、3位の順をつけ、投票する制度があります。
今回私が投票した車両をここでコソっと発表します。

①1位はACEさんのナックル。たしか去年作られた車両で、雑誌などにすでに露出していますが、私はしばらくイベント事に顔を出していなかったので生ACEは2006年のニューオーダーに出していたグレーのアイアン以来なので、新鮮でした。
実は、そのカワタさんの乗るグレーのアイアンが一番好きだったりします。

このカスタムはエンジンがナックルでないと絶対に駄目な感じがします。パンやサイドバルブでは似合いません。フロントタイヤはたしか幅の狭い16インチだったと思うが、ちょうどこの頃、私も幅狭の16インチタイヤを使ってみたいなぁと思っていたので少しジェラシーを感じました。

②2位は新作のアイアン。リアタイヤの、カーライルの15インチ(だったと思う)とシートカウルの感じと、極限までナロードした41mmの細いけどムッチリした感じがいいバランスです。
ラグ風の英車のような、KRのようなハードテイルも見逃してはいけませんね。
ツースロートキャブと、カリフォルニアの老舗SPEED-SHOPを思わせるカラーリングが、どこかソルトフラットレーサーの様にも見えてきます。ちょっと異型な感じのフロントカウルが着いてもカッコよさそうですね。

③はみ出ているのか収まっているのかギリギリな感じのライト周りが好き系な感じです。
同じくナロードされたパンヘッドのグライドライザーとカバーもいい仕事してあります。

④3位はさんざん悩んだ挙句、この青いトライアンフ。小難しいことはナシで、完全にパッと見だけで決めました。
トラはそこまで詳しくないのですが、そんなに手が入ってないけどなんかカッコイイな~、と思いました。

カスタムショーは、「どこまで手が込んでいるでSHOW」なだけでもないと思うのですよ。世界の三大珍味をふんだんに使った料理に、塩味だけの料理で勝ってみたいものですね。

NEW ORDER CHOPPER SHOWに行ってきました

new-order.jpg
8月2日、3日に神戸であったNEW ORDER CHOPPER SHOWにピクニック気分で行ってきました。
今回は、作り貯めていた車両がメインで、寸前でドタバタすることも無く気楽な感じで行けました。

①今回の新作、詳細は近日中にアップします。今まであえて避けてきた「黒」という車体カラー。
このバイクを作って「あぁ、黒ええわ~」と心から思えました。
シンプルながら通好みな事をちりばめているので製作記録のアップをご期待下さい。

SP@RETiMEにて「ショベリジって感じです。」と紹介されてますが、「ショベ4(速フレーム)って感じです」の間違いです。まあ、間違われるくらい74スプリンガーとマッチしているならこのリア周りの加工は大成功ということで。
詳しくは target="_self">製作記録をご覧あれ。
ちなみに、記事の下の {Newer: 2006年4月製作 SHOVEL その② }てとこをクリックすると次の記事が見れます

③4月に作ったコヤツ一部のスキモノからは大好評、興味ない人からは出店車両と気づかれて無いかも。
はるばるドイツからやってきたゲスト、W&W(ドイツのパーツディストリビューター)のノヴィーさんがベタ褒めしてくれましたが、やはりこんなバイクにW&W賞をあげては会社的に問題ありだということで、(勝手な推測です)予想通り今回も無冠でした。

④今回プチリメイクして出展した去年作ったショベル
今回、フォークのスムージング&ブラックアウト。ハブカバーの製作(ナローハブの車両にはいいのが出てないので)。メッキのカムカバーを純正に、キックカバーをパン用に換えました。
今回残念なのは、このバイクにドンピシャなヘッドライトがあるのですが、手に入れることが出来ず普通のベーツで出しちゃいました。

完調な74スプリンガー

1948年式までのビッグツインに純正採用されていた74スプリンガーですが、今では様々なリプレイスメント(レプリカ)の74スプリンガーが新品で流通してます。
しかし残念ながらその多くが精度が悪く、全体が歪んでいたりスプリングの質が悪かったりで、そのまま組んでもほとんど動かない物も多くあります。

当店では、一度すべてバラバラに分解し、各部修正をかけ、フォーク下部のロッカーの軸を旋盤できっちり寸法出しをして、グリスアップしてから車体に組みつけます。
この動画のバイクはロッカー部分のブッシュを耐荷重性の強い樹脂系の材料で作り直してあるので、さらに動きもスムーズで、本来なら定期的にこまめにしなければならないグリスアップもほとんど必要ありません。
元の鉄のブッシュの場合グリスアップを怠るとロッカー部分がカジり、リジットフォーク状態になるので大変危険です。

今回は相当地味な動画ですが、74スプリンガーユーザーならこの意味が判って貰えると思います。

Home > Archives > 2008年08月

Search
Feeds

Page Top