Home > Archives > 2013年09月

2013年09月

マッタク ヨユウ ナシ

製作記録に移りたいのですが、余裕が無く今月一杯はblog更新出来ないカモです

満月



巫女


マッタク カンケイ ナ~シ

タイフーン (風立ち過ぎ)

かなり風が強いですが、なんとか無事?です。

屋根が一部剥がれ(住居部分)激しい雨漏りの対策に追われて15分くらいしか寝てないので、今から昼まで仮眠します。


赤の部分は自分で直せそうですが、グレーの部分はプロに任せます


お客様各位。明日17日は定休日、明後日18日の日中は留守がちなので来店お控え下さい。

矛盾 覚悟 偏執狂   美しいもの

「風立ちぬ」を見てきました

タイトルにある矛盾。これについて以前の聖徳太子の記事でチラッと書いただけなので、覚えている人はほとんど居ないと思うのでもう一度書くと、「他人からは矛盾に見えても、人はだれもが自分の中の正論という考えの中で生きている」という事を書きました。

※「出る杭は打たれる」というエントリーに反響がありましたが、"この和をもって貴しとなす"の真意というのは同じ様な事が書かれているので、是非、理解するまで読み返して頂きたい記事なのです。そして、なぜこの記事が「古き日本を愛でる会」のカテゴリーの一番初めに持ってきたのかまで考えて貰えると幸いです。


他人にはどうしても理解出来ない事が、本人の中では色々な事がリンクしているという事もあるのです。

そんな中、現在公開中の「風立ちぬ」が非常に気になっていたので、10何年ぶりに一人でレイトショーに行って来ました。


今回はコラムではなく、ほぼ映画鑑賞の感想になります。「風立ちぬ」を既に見た人や、興味がある人に見てもらえればそれでいいです。

まず初めにこの映画は様々な事がリンクしていて、ちゃんと説明するにはセリフの一語一句、シーンの描写など事細かに関連しているので真面目に書いたら途方もない量になるので端折ります。
後はまぁ、何を言おうが結局は「映画が全てを語っている」というのを理解してるのを前提に書きます。ただの感想ですから。


どんな人に向いてるのかというと、映画マニア、軍物オタク、小説好きとかもいいですが、何か異常なまでに物事を(苦しみながら)突き詰めてる人がより共感できるのではないかと思わせる内容でした。


※写真は堀越二郎の理想の飛行機を形にした九試単座戦闘機。
堀越と言えば零戦だが零戦は軍の無茶な要望に答えるべく作ったので九試単戦を愛したのじゃないかな?と思う。

主人公の堀越二郎がひたすら美しい飛行機を追い求める様(さま)に、宮崎駿が映像作品に求める姿がリンクし、結果として戦争の道具になる飛行機を作る次郎の矛盾と、反戦反核を訴えながらも戦闘機の美しさを愛してしまう宮崎駿の矛盾。(戦時中、父親が飛行機の部品を作る工場をしていて、貧しい時代に軍需産業で設けたお金で温々と育った事もリンクしてる)


矛盾を表すあるシーン。
世の中が不景気のどん底の時代、二郎が貧しい路上で親の帰りを待つ子供にシベリア(お菓子)を与えようとするが断られる。

その話を同僚の本庄にしたところ、「俺たちがやってる飛行機の開発に消える金で、日本中の子供たちに天丼とシベリアを毎日食わせてもまだお釣りがくるんだ」「それでも俺はチャンスを無駄にしない」というシーンが二郎の矛盾を描写している。


小説「風立ちぬ」の堀辰雄のフィアンセが結核(当時は不治の病とも言われた)になるが共に生きる事の覚悟と、映画の劇中様々な事が起こるが、その度にやはり飛行機作りを続けていく覚悟などがリンクしている。
更に言うと、そんな病気の相方をも自身の作品(小説)にしていく堀辰雄の偏執狂(へんしゅうきょう)ぶり、関東大震災が起こってる最中にも白昼夢を見て飛行機の事を考えている二郎の偏執狂ぶり。

本人と一部の人間にしか解らない世界観。優れていると賛美される者(物)の影にある非難の声。
矛盾やオカシイと言われる物事を、己の中にある正義を信じ生きていく。

矛盾という物を紐といて理解し考えようとしても、結局、矛盾というものは矛盾である。格好良く生きようとしても格好悪い部分がある、美しいと言われるものは時として醜い部分を内に含んでいる。

それこそがリアリズムであり、恥ずかしがる部分でもないし、それが人間であり、それを受け入れ己を信じ、なお生き続けねばならない。

という主張も見える。


声優に庵野監督を採用したのも、主人公を演じれる人間では無く、主人公と同じ偏執狂であり、苦しみ、葛藤しながら答えを見つける、(宮崎監督の言葉を借りれば)傷つきながら生きてる人間から出る声(音)が欲しかったのだろう。

他にも同僚の本庄との昼食のシーンでは2人の設計師としての性格をうまく表していたり。

三菱に入って初めての仕事で主翼の取付金具を設計するのだが、革新的な新しいアイデアを提案するが、上司の黒川に「それでは主翼全体の設計変更になる!時間の無駄だ!」と怒鳴られるが、結果会社の指示通りの取付金具を起点に飛行機がバラバラになる。

残骸を拾い集める黒川に「空中分解の原因が取付金具だと思うか?」と聞かれ、「原因はもっと深いと思います」と答える次郎。

二郎は部分部分の数字の計算の能力も優れているが、それ以上に数字を全体のイメージに変えて、数字だけでは無いトータルでの設計能力に長けていたのではないかと思う。
そんな天才的な部分に宮崎監督は惹かれたのではないかと思う。


また、このシーンも印象的だ

二郎の相方の菜穂子が結核療養所から抜けだし、黒川邸へ居させて貰うのをお願いするシーン
黒川が「彼女の体を考えたら、一刻も早く山へ戻さないといけないぞ」と問い詰めるが、
二郎は「私が付き添えればいいのですが、飛行機をやめなければいけません。それはできません」

黒川「君のエゴイズムじゃないのか!」
次郎「僕たちには時間がないのです…覚悟しています」

通常、どちらかを選んだほうが潔く、物語の主人公としては格好いいのだが、そこにある他人が理解出来ない二人の絶対的な信頼関係。というか愛がある。

風を表現する風景もそうだが、「美しい映画を撮りたい」という宮崎監督の思う美しい物の一つでもあると思う。


描写にも色々あって、(当たり前だが)無駄なセリフや描写が見受けられ無い。
紙飛行機を飛ばすシーンも何故、菜穂子が投げた紙飛行機がキャッチ出来ずに白人男性(コミンテルンの情報収集家?)の手の中で潰れるのか?というのを帽子の描写と重ねて、もう一度見た時に考えたい。

この映画は何度も何度も見た方が良いと思うし、年を重ねて見返すのもいいだろうと思う。


シーンごとに感じた事が多すぎてキリが無いのでこの辺で失礼します。

ちなみに冒頭の絵画はクロード・モネの「散歩、日傘をさす女性」です。(この辺もリンクしてるのかなぁ・・・)
すべての事は宮崎監督の中にある物でもあり、本人すら言葉では表現できない部分もあるのであろうと思いました。


あと、本当の最期に
宮崎監督が「この映画を通して、そんな時代に生きた人達がいたことを知ってほしい」と言っていたが、その時代の人々を知るだけで終わらず、昔の人を知ることで"これからどの様に生きて行くか"というのを考えて欲しい、と私には聞こえた。


てか、カッパ無しでバイクで行っちゃ駄目な日だった

しつこいですが主題歌「ひこうき雲」

荒井由美のファーストアルバムの一曲目で、40年前の歌詞がこんなにも本作とハマるという驚き。
風を描く事に特化した宮崎作品の一作目が「風の谷のナウシカ」で最後の作品が「風立ちぬ」。それ以外にタイトルに一切「風」が付いていない驚き。

ps.アイドルと思ってたけど、ええ感じですね(また変化球ですまない)

Tシャツ 入荷!!

  • 2013-09-12 (木)


お待たせしました。やっと入荷したので、みなさん取りに来て下さい。

取りに来れない人はメール便で発送するので銀行に振り込んで下さい。(振り込んだらメールなどで連絡下さい)
※振込み先は☛コチラ

A4サイズ厚さ1cmまで(Tシャツ1枚)で、100円。厚さ2cmまで(Tシャツ2枚)で180円。速達は+100円です。(通常3~4日)
例)3枚だと厚さ2cmX①、厚さ1cmX①の2個口で280円(速達+200円)
※梱包材料費20円が含まれています。

1枚2000円、2枚で3500円、3枚で4800円、4枚で6000円に上記送料を足して振込みお願いします。


以前のブログで「誰か貸して下さい」と言った甲斐があり、わざわざ横浜から送って来てくれました。

こんな貴重な資料を素手で触るわけにもいかないので、まずは鑑定士の手袋を購入。

貴重な帯と表紙は「怖がらなくていいんだよ」とそっと声をかけ丁寧に剥がして保管。


ありがとうSPYDER


帯の裏も素敵

本の状態の良さにまず唸る


在留米軍の持ち込んだチョッパーの影響か、はたまたイージーライダーの影響か

トランペットマフラーを必死で再現した感に唸る


ヒロタケ・アライのメットだろうか?


こんなカミナリ族もいたのかと唸る


パトカーの渋さに唸る


挟まってるチラシ?に唸る


ヘッドライトの中のドクロに唸る


アフロな彼に目が行きがちだが、後ろのメガネが気になり出すとそっちしか見れない


71'の筆者自らの写真展に集まるの図

エグリタンクのカミナリマッハは一度憧れた人も多かろう。


写真はだいたい見れたけど、文章がまだ読みきれてないのでもうちょっと借りときます。ゴメンネ

250ページにも渡る素晴らしい写真集でした。ごちそうさまでした

コケて笑ってありがとさん ~コケスロット2013~

数々のダートやラリーで鍛えた運転技術も

バカアイアンの前では役に立たず・・・

誰か、いとも簡単に乗りこなせる強者は居らんかえ?

Inuさんなら何度か練習すれば乗れると思うので、リトライの動画☟

その前に私がお手本(本当はテール流しながら行きたかったんだけどなぁ・・)

見事!?リトライ成功(2:33~の左足の動き~!)

とっても危険なので、良識人は真似してはイケマセン。私はこう見えて細心の注意を払い、全神経を尖らせて普段乗っております。

もうショベリジとか普通過ぎて刺激が足りません。もっと強いのをくれぇ~ってなりますが、私はポン中ではありません。

※大神戸blogでイロイロ書かれてますが、キツめのギャグですよ。24時間365日尿検査OK人間ですのでそこんとこ宜しく。(あのblogは何千人と見てるから、Kサツの人も居ると思うのでチョット真面目に書いときます)


そこへ、第二の挑戦者現る!

2%erの特攻隊長であり、衝動を抑えられない不治の病を持つ男。そうし君。


  ※撮影はプロのスタントマンによる訓練を受け、十分に安全を配慮しております。

あわや柵に特攻(ぶっこ)んで散る所だったので、私が"人間ブレーキ"となり止めました。

詳しくは大神戸→http://daikoube.blogspot.jp/2013/09/201324.html超大作です。(こりゃ2時間以上はかかる記事だなぁ)

「はしゃぎ過ぎたあの日の夏の終わり」っちゅう感じですが、オモロかった~

イメージダウンが全開(フルスロットル)ってます。

動画中の会話に出てくる「山中」とはこんな所(1:40~の車載カメラのとこからがイイネ)

乗り出してスグに2%erヤマグチと走りに行った時に行って、かなりアレでしたよ。
減速帯の段差で激しく揺れながらの必死のコーナリングで、全てが"地獄のコーナー"に感じました↓↓



             ※十分な訓練の上やっております。真似したらダメ・ゼッタイ♡

えっ!もしかしてメッチャオモロイのは私たちだけ?とか少し気にしつつ、「色んな楽しみ方があるんだなぁ」と、おおらかな気持ちで見て下さい。
そして笑って下さい。

とまぁ、バイクはコケるはイベントはコ・ゴフッ、ゴフッ・・大盛り上りだったわな2013年ハイスロットでございました。


大爆笑の代償としては安いモンです。あ~楽しかった

不在のお知らせ


久しぶりに大量に出ましたよ。

手から高強度ロックタイト(赤)が止まらないので、さっき病院に行って来ました。


明日の午前は元々不在の予定だったのですが、(通常、この程度ではイチイチ告知しない)夕方も病院で抜けます、よって明日は大体居りませんのでご注意願います。

いつも何かあると間一髪で助かるのですが、今回は腱がプッツリ逝くのがセーフだった様です。
色んな人に言われるのですが、どうやら"持ってる男"らしいです。私

まぁ、「へぇー」っと聞き流して下さい。そしてなんとなく安心しておいて下さい。


そんなちっさい自慢は置いといて、せっかくなのでなんか悩んでる人や、怒ってる人に動画をプレゼント

地球のサイズを記憶しながら想像しながら見て下さい。(どんどん小さくなっていく太陽と合わせて想像してね)

地球ちっちぇ~!オレもっとちっちぇ~!!みたいな

地球は一周4万km 最後に出てくる「おおいぬ座 VY星」は1周91億km!?
マッハ1で飛んでも1周するのに848年かかる計算(合ってるかな?)

凄すぎて意味不明。でもなんか凄いね☆

敗スロット

皆さんコンバンハ。オーセンテイツク上海支店のパク・リーと申します。


私、31日の夜に着いたのでそれまでの写真がアリマセーン。
んで、買ったばかりのカメラが濡れるの怖くてアマリ写真が撮れて無い訳アルヨ。

早速、人様の所から拝借拝借、謝謝。

当店のお客様がいい感じに入場シテキタヨ~

やっぱりハイスロは天気良くてナンボの北京ダックタヨネ~


これは多分31日の昼頃タネ~


これもシャチョさんの友達タネ~


その頃シャチョさんは、怖ーいイレズミだらけの香港マフィアに拉致られて秘密パーティーで遊ぼうよパラダイスしてたみたいアルヨ~

その後、運転代行業者で会場インという、トリッキーな事してたみたいアルヨ


アカン、もうこのキャラ疲れた(限界?)ので普通に行きます


9月1日本番。
芝生とチョッパー・・・・・いい感じだ。


天気のいい日のビールはサイコー


ヒラカターズ

やっぱ車高と屋根は低いのに限るネ☆


帰り道の車窓から

青空が気持ちいいな~
誰だぁ?雨だの台風だの言ってたのは?


なんつって、んな訳無くこの後にリアルなのをやります。

でも実は超いいタイミングで来て帰った人はほぼ雨に濡れなかったのを、編集で再現した半分以上ウソで固めたレポートでした。

ここから大部分のリアル敗スロット


機材が壊れ無念のライブ中止を宣言する、奥本氏。

でも、なんかイイ写真。(写真は大神戸からパクリ)

半分位はパクリ写真で申し訳ありません。
大神戸→http://daikoube.blogspot.jp/
Rad Jalopy→http://radjalopy.blogspot.jp/
若輪童→http://jackrindow.exblog.jp/

ウチのパク・リーがやらかしてしまい、重ね重ね申し訳ありません。


ここからは自分で撮った写真で行きます

そんな訳でビンゴはテントの中。

”週末のクラブ状態"な密集率で、恋も芽生えたとかどうとか。

オーセンティックの景品もなかなかの反響でしたが、弁当屋っぽい格好のおばちゃんがサイン入りカッパをゲッツしていてなんか可哀想でした。


敦賀のSOUL TO SOULさんのデュオグライドっていうか、4速チョッパー

コフィン→シート→フェンダーのラインがいい感じで、こういう悪い雰囲気の車両にはカバー無しサスが似合うなぁ。と思った。


タンクのペイントがイカス4速ショベル

(E)    ←カッコイーって読んでね。うっわぁ~自分で書いててサブい・・・


よく見る車両(奥のZも激 気になる)

R&Pタンクか何かのバンバンか何かと前は思ってたけど、よく見るとヤマハのオフ系のエンジン(250?)をなんかの小さいフレームに乗せてある。

タイヤも車用のを流用で唯一無二な感じが好感度大です。
たぶん知り合いの知り合い


石川県から昨日の土砂降りの中やってきた人達。

昨日会場に向かう途中で路肩に停まってるバイクを発見し、引き返して様子を聞くと、パンクして後輪タイヤを外してスタンドに運んでる所だという。しつこい様だが土砂降りの中をだ。

次の日も話しかけたが、皆笑顔が絶えず、すごいタフな人達で賞を差し上げます。

右のショベルは4速に見えるけど、5速のラバーマウントがベースだなぁ。


ついに(ほぼ)完成の主催者、奥本号

今回、メッキ剥離などやらせて貰ったのだけど、アクスルシャフトを発送し忘れて、間に合わないかと思いきや、ウチのお客さんが福井まで届けてくれたのでなんとか間に合った。という裏話を添えておこう。

Hさんありがとうございました


斜め前ビュー

ネックからアクスルにかけてのラインが日本一美しいショートフレーム。と言ったら過言なのだろうか?


ビンゴも全部終わり業者も撤収した中、-40万軍団。あっ2%er軍団が参上。


楽しそうに売れ残りの食料にタカル2%er軍団

ここからが本番の予感・・・・


大神戸ナックル

フレームはさりげなく加工されている。なんつってもリアの14インチカルマグ。と見せかけての鉄の塊から削り出したという恐るべきホイール。

コンパクト系には14インチが似合うという新しい考え方。(といっても何年か前の製作)


駐車場の車の中にXR750と、これまた別の車の中にこのXRのクロモリフレームのド渋なアイアンが居たのを知る人は少ないんじゃないでしょうか?

オールドGPフォークにボラーニHリム、タイヤはピレリMT53と完璧です。

今度乗らせて下さい。


当店はこのショベルと、あと持ってくモンが無かったのでバカアイアンとC90(カブチョッパー)を積んで行きました。

朝に天気が良かったら走りに行こうと思っていたのに、残念です。


12年前に作ったバイクですが、こんなんの方がウケがいいかと思い、持って行きました。
写真はFunnyさん→http://funnycustom.blogspot.jp/2013/09/high-slot-2013.html


とまぁ、勝ったか負けたかって言えば負け(赤字)なのかも知れない今年のハイスロでしたが、初めて来た人も「こういう時もあるさ、来年に期待してます」って人が多かった。

そして、イベント終了後にすっごく面白い事があったりと、楽しめた人には十分楽しめたイベントだったんじゃないでしょうか?


この泥んこっぷりがヒントですが、いずれ大神戸さんが動画をアップしてくれるでしょうし、その際にこちらでも載せようと思っとります。

Home > Archives > 2013年09月

Search
Feeds

Page Top