Home > Archives > 2017年12月

2017年12月

GOOD BYE 2017 , GOOD BYE ダメな自分

さて本年も残すところあと僅か

とか超ありがちな出だしから始めますが
DSCN1745.JPG
当店も、皆さんと同じ様に店の大掃除なんかやってみたり

まぁ、来年は気持ちを入れ替えてスッキリした環境でやりたいなぁ
なんて思いつつ

DSCN1746.JPG外しては溜まって、外しては溜まった部品をひたすら仕分け続け

だいぶ減ってきたんですが、ずーっとやってると正直飽きてきちゃったりする訳で・・・


※音量注意

you tuberがやってたので、私も息抜きに10本連続決めるまで大掃除しまテンとかいうて
結構すぐに出来てしまったり
#まだ錆び付いちゃいねぇぜ
#100分の1mmを普段からこの手で感じてるもんで
#ちょろいもんですと、たまたま上手くいった時に急に強気になる系

まぁ、ありきたりな出だしから、一年をだーれも興味のない私のフリースローを打つというシュールすぎる動画で締めてしまい重ね重ね申し訳ございません


ps.3年ほど前に体調不良になり、その後いろいろあり今年ぐらいから体調も良くなり11月くらいにやっと本調子が出てきた感じです

来年は長期間お待たせしている車両を最優先にを目標に全開(と書いてフルスロットルと読む)営業で再びぶっ潰れるまで頑張る所存でございます
新規の仕事はほぼ断るかと思いますが、悪しからず

こんなブログでふざけてばかりの店ですが、来年もよろしくお願いします

AUTHENTIC MOTOR SERVICE 川村


年末年始はいつもどおり

メリークリスマス✩

どうやら、ブログを書こうという意識と、書ける日にズレが生じておる模様です

DSCN1719.JPG
エンジンのシェイクダウンを終え

DSC_2056.JPG
クリスマスに車検に行ってきたこちらの車両は

DSC_2057.JPG
帰って来てそのまま慣らし走行に

DSC_2059.JPG
宮島の厳島神社まで走ってきました♥

DSCN1727.JPG
店を出た時から雨降ってたんですが、この時期、カッパ着ないで乗っちゃ
ダメよぉんダメダメぇ
ですね
#氷水地獄
#なんつー芸人やっけ?
#顔は出てくるんだが

今年最後の納車になりそなので、雨でも走るくらい切羽詰まっておるんです
他にもイロイロと

DSCN1722.JPG
プチ業務連絡
タペットブロックのあの穴は、こんなん削り出して先をブリっとやって圧入しておきました

もう大丈夫だと思います

42EL.JPG
もうひとつ業務連絡

こちらのナックルお問い合わせ頂いてまおりますY様
メールが届いているか不安になってきたので、とりあえずのご連絡頂けると幸いです


と、今年のブログを締めかかってまいまししたが、
タイトルの本題の年末年始(連休)の営業スタイルをお知らせします

当店の連休の取り方はいつもテケトー営業をスタイルとしております

年末年始は31日、1,2日くらいは絶対やって無くて(その前後も微妙)世間一般的な連休期間はやったりやってなかったりです
※連休やって、ずらして休む事もアリ

それ以外の日は連絡貰えれば居てるかどうかお知らせします
(一年を通してご来店時は基本的にご連絡頂いてからとしております)

感じとしては「連休はわざわざウチなんか来ないでどっか遊びに行ってね♥」
遠方のお客さんとかで「でもいっぺん行ってみたいけど、連休利用しないとお店に行けません」な人の対応はしたいので開けますよ

ゆー感じです

遠方違いますけど、どーしても店開けてよ~
な人は要相談で
わがまま言いますが田舎なもんで普段からあまり人来ない方なんでね、でも個人商店なのでフレキシブルに対応します
いわゆる「わがままフレキシブル」スタイルでございます

中古車の購入とかなら頑張って開けますよっ(笑)

それでは良いお年を~

FOR SALE ナイトイェーガー 

DSCN1683-2.JPG
こちらのネイバーフッドXナイトイェーガーなXLHの詳細はお問い合わせ下さい

ローンは金利3.9%で個人店としてはかなり低めの設定で取り扱っております
シミレーションもいたしますのでお気軽にお問い合わせください

師が走る季節

DSCN1449.JPG

DSCN1558.JPG

DSCN1480.JPG
60'sアイアンのケースは逝っちゃってるヤツ多いですがこの子はなかなかで、写真以外にも多数溶接、ネジ山修理のオンパレードでした

ケースレースのラッピングも終え

DSCN1458.JPG

DSCN1579.JPG
コンロッド周りも終わってるので、後はバランシングとクランクの組み立てすね

DSCN1462.JPG

ヘッド周りやっていきましょーか、なショベルは

DSCN1537.JPG
使える部品は使う方向で最小限の手間でやったり

DSCN1534.JPG
ちゃんとすべき所はしっかり押さえて

DSCN1546.JPG
みたり

DSCN1582-2.JPG
おいっ 筋肉
おいっ 俺の筋肉

いけるのか、いけないのか

どっちなんだいっ!

とか言いながら加工が必要かどうなのか、ありとあらゆるチェックが地味に続きます

DSCN1655.JPG
最小限での面出しを信条にしてやっております

DSCN1658.JPG

タペットローラーのチェックも必須で、ついでに油圧ユニットの溜まった汚れを落としチェック

DSCN1690.JPG
チェッカーズ

DSCN1694-2.JPG
なんだかんだで形になってまいりました

DSCN1695-2.JPG
こちらも最低限の面研

今回はこういった方向性でリペアしていきます

DSCN1699.JPG
本日はここまでやって、夜は京都まで引き取りに行って来ました

DSCN1673.JPG
昨日はこのショベルを福井まで引き取りに

DSCN1688.JPG
一昨日はこちらを引取りに

DSCN1628.JPG
引き取りばかり行ってますが、こちらのプチカスタムしたアイアンは何日か前に納車に行きました

DSCN1625.JPG
フルカスタムや純正も良いですが、こんなくらいの大人カスタムも良い

ps.詳しく作業報告しようとすると(記事一個に対する写真の量を考えたら)毎日やらな細かく伝えれんし、端折ってやるとざっくりすぎるし、やる意味あんのかなぁ

とか思うので、あまりこういう感じの作業報告は好きじゃな
いんですよね~
垂れ流し感がねぇ

とか言うてたら朝の3時なので目が冴えてエンドルフィンが邪魔して寝れなくなるのでバイナラ、ラナイバ

次はなんかタメになるネタをやろうかな~と思てます


CS

DSCN1566.JPG
この間の加工してたタンクは今月の頭に塗装に出し、後の外注に出す子達を仕上げにかかります

DSCN1564-2.JPG
シート下の隙間が気になるぅ~
との事で

DSCN1570.JPG
リブの当たる所などを叩いたりなんやったりして追い込みマス

DSCN1576.JPG
更に追い込みフェンダーにピタッと合うように

DSCN1572.JPG
リブフェンダーなんでこんな感じに
(隙間にはステーが入るシステムになっております)

リブに合わせてシートベースにもリブを作ってもいいんですが、私にそんな技術と道具は無いとか以前に、オーバーコストになるので其の辺は最低限でやるっつー感じです

DSCN1560.JPG
ブレーキのシューも減っていたので張替えと行きたいところなんで固くない素材のプレートが溶接してあったりで、カムの当たり面が凹んでるので

DSCN1562-2.JPG
ギャイーンと削り落とします

THIS IS A 二度手間

中古車やエンジンでもそうですが人の手が入ってるとイチイチやる事増えるのありがち~

DSCN1635.JPG
お次はフロントフォーク周り
いわゆる74スプリンガーすね

指を指してる部分、ここが見えてないとバランスがうんたらかんたらとはオーナー談

DSCN1633.JPG
ここ(リアレッグ)がこんな感じで見えてるのが理想だそうで

女子で言えば綾瀬はるかのアゴがもう8mmほど短くて、あとはあそこがどうのこうのという話でありまして
人によってはそのままでええやん

あるいは、それ解るぅ~ってな話であります

オーナー曰く、バネの巻数は僕のはどうのこうので・・ 
実際の所の私はと言うと、その場で「バネの巻き数に違いあるとか知らんかったすわ」とか言うたりして、内心「細かい事言う方だなぁ」とか思ってましたが・・・

DSCN1650.JPG
昔のノートを見返していたら、メーカー毎のスプリングの巻数やバネ圧をデータ化してまとめていたってゆー(笑)

お前の方が細かいやん!!
自分でもビックリです

なんと、
自分でもビックリです!

DSCN1488.JPG
なので、そのデータを元にスプリングをカットして、バネ厚が狙った感じになってるかチェーックの図

その後、オリジナルの特殊工具的なヤツでスプリンガーの修正作業をいたします


ps.前回、同様シビアな計測やデータ取りをしたりする事もありますが、私(ワタクシ)自身ハーレーなんてアバウトでOK牧場だという考えも持ってますし、アメリカンモーターサイクルってそういう所がカッコイイとも思っております

スロットルOFFの時のアップスイープのマフラーから「ポッポッ」と出る白煙すら格好よく見えるB級チョッパー

要はキャラクターにバチーっと合ってれば完全にカッコイイという事で

ほな、何故にシビアな計測をしたりするのかと言われれば、私の持ってる性格の一面という事でもありますが、ひとえにありとあらゆる要望に応える為の一つの方法とでも言いましょうか

ビチーっとした仕事を求められればビシっと答えて、ふにゃ~っとした要望にもふわっと答えれる
人それぞれ価値観ってヤツはびっくりするぐらいに違うくて、予算の面とかも含めフレキシブルに対応出来ればと

そういうのがプロってヤツなんかなぁ~
知らんけど

って言うのが根っこにあるからなのです

なので、ウチでやったバイクがなんでもかんでもバッチバチにはやってないです
でも満足度は高くなる様にやれておるはずです

知らんけど!

日進牛歩

DSCN1556-2.JPG
今日あたりちゃんとしたブログを書こうかと思ってたんですが
計測データの用紙を使いやすい様に改善してたら、エンドレスな感じになってきて、結果、何時間もかかってしまい

DSCN1557.JPG
集中しすぎて気がつきゃこんな時間

ガッツリとブログ書いた日にゃ4時くらいになりそなので手抜きブログ

DSCN1555.JPG
必ずしも毎回ではないですが、気持ち悪いくらい細かくデータを取るんですがきっと意味は無いです

数値が欲しいんじゃないんだ、ゼロ基準を毎回同じにする事で、何が原因か、そのエンジンの性格を知ったり、最終的には数値を感覚に変えていく為のプロセスという感じ

DSCN1548.JPG
測定時のエンジンルームの室温を20°Cに保ったりしてますが、ベアリングや測定工具も直接持つと体温で膨張するんで、道具を使ってキモチワルイ測定
(手袋はめてやる事もアリマス)

DSCN1549-2.JPG
このロックアップタイプのピンセットは使いやすくて◎

DSCN1552.JPG
この場合ベアリングのローラーを計34個測るのですが、下2桁を全部足して34で割ると大変なので、一番多い81以外の80とか82だけを足してそれがある数で割ったモノと、81を足して2で割ると計算が簡単でミスが少なくなります

なーんて当たり前ですね
もしかしたら役に立つかも情報

歳いくとなかなか歩みが遅いですが前には進めてるかなと

sold out 70'XLH  

DSCN0879%EF%BD%B02.JPG
<こちらの車両はSOLD OUT となりました>

安心、任せて、サイコーでお馴染みのハーレー専門中古車ショップのオーセンティックモーターサービスでございます!!
AMSの意味とはAあんしんMまかせてSサイコー
コレですね

今回ご紹介いたしますのは、1970年式XLH900でございます

初期の卵型のカムカバーと、つるっとタイプのロッカーカバーのアイアンの最終モデルになります(71年からカムカバーにポイントが付き、ロッカーカバーの上部が凹み形状に)

XLHなのでセルオンリーです
キュルっとエンジンかけてラブラブタンデムなんか良いんじゃないでしょうか
(どーしてもキック欲しい人は後付け可能です)

DSCN9182%EF%BD%B02.JPG
4,5年前に当店で販売、納車整備した車両で納車直後にツインカムのツアラー5台と岩手まで走りに行かれてノントラブルで帰って来れたので、フツーに走れます

足回りもOHしてあります
ベンディックスキャブに純正のインマニバンドもついてましたが、アレなのでキャブはケイヒンに交換、バンドはエアクラフトタイプにしてあります
タコメーターは不動です(ドライブが無いので)

RIMG2835.JPG
元々、ほぼフルオリジナルなので素性は良いかと思います(昔の写真です)

レバー類や、スイッチ類もオリジナルで雰囲気あります

RIMG3510.JPG
人気沸騰33,4フォークに、ハンバーガードラム、純正ボラーニHリム、GUIDEのRH-55テールランプももち純正
(ももち!??)

オフ車的な使い方もアホな人にはオススメです

現在、車検が切れておりますので、納車整備もやって税込み乗り出し価格160万くらいになるかと思います

AあなたをMマジでS幸せにする
オーセンティック・モーター・サービスの中古車情報でした✩

<こちらの車両はSOLD OUT となりました>

Home > Archives > 2017年12月

Search
Feeds

Page Top