Home > Archives > 2012年09月

2012年09月

NAGOYA SPEED AND CUSTOM SHOW 2012

http://www.speedandcustomshow.com/menu.html
NAGOYA SPEED AND CUSTOM SHOW 2012に招待されましたのでこの土日(29,30日)は店は開いておりませんので、皆さん名古屋までツーリングがてら来て下さい。

先日のハイスロの時に改華堂の小川氏と話してて、TASTEさんのXR750と並べたら面白いんじゃないか?てな話になり、急遽TASTEさんと合同出店とゆう運びとなりました。

このショーはビルダー自身が「あの店(バイク)カッコイイぜぇ」と思ったのを紹介して行くという制度なのですが、実はだいぶ前に私が小川氏と話した時に「TASTEさんか、○○さんか、○○さんですかね?」的な話をして、「もうちょっと考えときますわ」とか言いながら、超無責任にもほったらかしていたと言う、決して人前では言えない事をやらかしていたんです・・・・・・・・・

そんな無茶苦茶な私と、カスタム業界のハシリの頃からやられている大御所ショップさんと急に合同出店なんて、果たして急に言って許して貰えるのか?という心配を他所に、河内山さんには快諾していただきました。



ホッと一安心したのも束の間、いつもならブースの飾りとか超テキトーなAUTHENTICさんですが、大御所との(一方的な)合同出店となれば話が違います。

ブースは大体こんな感じで。左にTASTEさんのXR750ストリートリーガル(公道仕様)。右に私のXR1000チョッパー。


バナー(快く貸して頂いた)、看板の土台作り。エンジンスタンドX②。エンジン置く台X②とかを作ります。
というか昨日休日出勤して、もう作りました。


私のXR1000は何回もイベントに出てるので、ちょっと悪ノリな感じでイメチェンして出そうかなと思っています。
一昨日の夜からこの様なゴミ部品でやりだしました。

只の悪ノリなのであまり期待しないでブース全体で見て下さいね♡

SOLD OUT vespa PX200E

電撃SOLD OUTでございます。
お買い上げありがとうございます。

フュージョンEgのラビットのVベルトが切れたので、売れなかったら乗ろうかと思ってましたが、速攻で売れちゃいました。
何人か狙っていた人達が居ましたが、いい車両は"すぐに決断したモン勝ち"みたいな感じです。


<詳細>

vespa PX200E(200cc)  1984年製

俗に言うラージボディーのベスパですね。カラーはバカラグリーン(ミントグリーン)でええ色してます。
仕入れるつもりはなかったのですが、この色と調子の良さでついつい仕入れちゃいました。

2スト時代のベスパらしさも残しつつ、日常的に普通に乗れるモデルという感じでしょうか?

昔のタイプと違い、いちいち2ストオイルとガソリンを給油の度に混ぜなくてもいい、分離給油タイプ。(要は昔の2ストの原チャリみたいにオイルタンクに2ストオイルを補充するだけ)

ガソリンメーターが付いていて、残量とかもわかり易いです。

走行は24000kmほどですが、3年程前に一度レストアしてあるみたいです。


エンジン周りはこんな感じです。

朝一だけチョーク引いてキック2~3発で、一度かけるとその日はだいたいキック1発でかかる感じです。

ベスパはあまり詳しくないですが、昔同じモデルを乗っていたのと比べると結構、調子良いと思います。2ストなので出だしのダッシュ力が力強いですね~。
100kmチョイは出ます。


左のカバーの中はスペアタイヤと結構デカいバッテリーが入っています。(納車時に新品に換えます)

何を隠そう、実はセルでの始動もあるんで超楽チンなのです。
ちなみにバッテリーが死んでてもエンジンかかるし灯火類も点きます。


外装のペイントはカナリ綺麗ですが、こういった所はええ感じに(私的に)ヤレております。

クリアーレンズも新品はちょっとミニバンのカスタム的な恥ずかしさがありますが、この車両は程々に黄ばんでいてええ感じで、少し入ったヒビも愛嬌といった具合です。

この後のフロントディスクになったモデルでは見られない、レインボーなエンブレムもええ感じ過ぎます。

普通に乗る為に作られたバイクです。通勤にスクーターとか買うつもりの方にもオススメです。

ビンテージも良いですがこの辺をサラっと乗るのも非常によろしいかと思います。

早終い

告知が遅れましたが、明日9月22日(土)は5時くらいで閉めますので宜くお願いします。

んで詳細は後ほどしますがベスパのラージボディーが入荷しました。
"川村スクータ商会”でございます。

う~ん、なんか看板がイマイチやなぁ。


てな訳で思いつきで似合いそうな看板を製作してみる。


帯鉄を曲げて、木と組み合わせる。


いいね!

今回のはまぁ普通やけど、衝動で作ると良い物が出来るなぁ・・・

Tシャツ サイズオーダー承ります

おかげ様で、Lサイズしか作らなかったSimpleバージョンTシャツですが、100枚作って残り10枚くらいになりました。


自分用に10枚ほどゲッツしたのですが、長い目で見たらもっと控えの選手が欲しい。なんて思い、追加注文する事にしました。

Lサイズのみと言っておきながら、やはりというか、当然の如く他のサイズを希望される方もおられる訳でして・・・・
なので、半受注生産というかたちで、他のサイズ(XS、S、M、XL、XXL)を作ろうかと思うので、欲しいサイズ、色を(下の写真を参考にして下さい)コメントか、メールか、直接耳元で言って下さい。

ひと月後位に仕上がる予定でやりますので、2週間以内に注文いただければ幸いです。

小ロットになるのでしんどいですがお値段据え置きの1枚¥2000ー。2枚で¥3500ー。3枚で¥4800ー。4枚で¥6000ーとなります。
4枚以上は1枚あたり¥1500ーという事になります。

ガンガン着たおして下さいな。

ps. 尖閣関係で言いたい事がクソほどありますが、とにかく野田が動いたりマスコミが騒いでる時は踊らされない様にって感じです。

1万人がデモしたということは、総人口13億人で割合を考えれば、13万人に一人がデモに行っただけ。10万人でも1万3000人に一人。

日本でいえば大都市で1000人がデモしたといった風にも取れなくない。(少し極端だが)


二国間の問題や、内戦の多くは第三国に踊らされてるって事もよくある話なのです。


惑わされない勇気と踊らされない心

HIGH SLOT 2012

今年も高浜に行って参りました。

ハイスロット。

前から気になっていたんだが、なんで「ハイスロット」って言うんやろうか?
高浜だけに、HIGH(ハイ)=高い、SLOT(スロット)=溝・・・・溝????

う~ん高浜=HIGH BEACH???

まぁどーでもいいや。

てなわけでレポート開始!!

といきたい所ですが、例年のごとくハイスロ終了後に、ガーターSRに乗るホンドー君に「写真撮ったん?」と聞かれ、初めてカメラの存在に気付きました・・・・・・・・・

とりあえず一枚

このイベントは自分の中ではバイクはいい意味で"脇役"な感じですが、今年はカスタムギャラリーと称し、レベルの高いカスタムバイクが多く見れました。

んで、ウチのXRチョッパーとTASTEさんのXR750

ってオイ!!クリスシャン、カブとっるやないかい!てゆうかカブせてきよった。

彼は舞鶴でトロージャンサイクルってバイク屋をしておる超外人顔の、とゆうかアメリカ人。めっちゃ陽気でいいヤツです。


ええがな。

来年には火を入れたいと思っておりますが、どーなる事やら。


当店のブースがよく解らない感じの構図な写真・・・

完全に"ヤッツケ"でございます。

予告どおり自走で快走して行きましたYO!
ダマシダマシですが、内部の様子が解ればこっちのモンです。良い子は絶対に真似せずちゃんと直しましょう。

まぁ、できる限りの改善で低速アイドリング以外はチェックランプは点かなくなりましたんで、しばらくは乗れそうです。


で無事帰宅・・・・・・・

スミマセン、こんだけです。


楽しすぎて、調子にノリ過ぎて(出禁寸前)、一年分はしゃいで来ましたよ。マジで。

あーオモロかった。

Tシャツや缶バッヂも多くの方に買っていただきアリガトウございます。

若輪童&スタッフの皆々様ありがとうございました。

近況&作業報告

先週から今週頭にかけて・・・・


デッカイタイヤのハイテク系が珍しく3台も入っておりました。


基本的に(自分のスキルを活かせる)旧車がメインですが、たまにツテでハイテク系が入って来ます。
内容によっては御新規さんではやれないカモです。


うち二台は車検も兼ねての作業でしたが、イロイロと規制が多いので久しぶりにケッチン喰らって一日パーになりました↓↓

マスターシリンダーの液量が見えないといけないらしく、こんな感じのフタを二つ作るハメに・・・(平成11年7月以降のモデルは窓が必要)

まぁ、なんやかんや言いながら、非常に喜んで頂けたのでこっちもウレシーです。


これまた珍しく店がXRだらけになっていたりしております。

いい絵だなぁ。

もう1~2台並べたいですなぁ。


ライトはこんな感じになりました。

ちっこくなっていい感じになったと思います。
車両製作は八王子のTASTEさんです。"東京の"と言うと田舎モンバレバレなので東京通ぶってみました♡
ハイスロのギャラリーに持っていくので手伝っております。


ハイビームのインジケーターがダサ過ぎたので、ちょっと遊んでみました。

カッコイイんじゃないですか?どーでしょうか?


リリーシングディスク(ドーム?)にクラックが入ってたので直しておきました。


持ってこられたガスケットは、穴が合わなかったので、当店在庫分で組んでおきました。

今夜、試乗しておきます。

EGスプロケットは25Tが組まれてましたよ。(1972-80は20Tが標準)


スーパー長期にかけてお待たせしているアイアンももう少しで完成です。

私のバカアイアンと大違い&新しい試みを何個か試してるので試乗が楽しみです。


ハイスロの天気がビミョーですが、持ちこたえたら後悔するので私はバイクで自走でイキマッス↑

福島支援 缶バッヂ

巷(ちまた)で話題の支援缶バッヂに当店も参加させていただきます。


支援缶バッヂの詳細はコチラ


大30個、小30個の限定60個ですので
早い者勝ちですよ。完売したら増版します。
「じゃあ限定じゃ無いジャン」て感じですが、ハイスロに持っていけるのはとりあえずそれだけです。って感じです。


デザインは実は当ブログを5年前に始める時の"プロフィール"の「はじめに」って所で使ってるヤツです。

うん?なんて書いてあんの~?って誰かに言われそうなので今更ながら説明をいれておきましょう。

Antithese (アンチテーゼ) 反定立
       既に肯定されている物に対し、疑いをかけ発展させて否定となり、全く新しい段階として現れた状態。現状を肯定しない反骨心。
(新しい何かを作り出す事や技術向上に必要かと思う。) 

Anarchism (アナーキズム) 無政府主義
        国家や政治権力を否定し、・・・とあるが、要は何よりも人間としての自由を尊重するという考え。独立した自分自身の考え方。

Authentic (オウセンティック) 確実な、信頼できる、正統な、本物
        まあ、当店の屋号に入っているのですが、せっかくなのでいきさつを語っちゃいますか?
一般的にはAuthentic=本物と訳されるんですが上記に挙げたとおり、色んな意味があるんです。

正直ちょっと重く捉えられがちなので、屋号にするかは悩んだんですが、はじめのインスピレーションを信じて使わせて頂きました。

同業者に「自分で本物とか言っちゃってるよ」とか、「本物のビンテージパーツや車両使ってねぇじゃん」とか言われそうですが、(実際、カリスマビルダーに「オーセンティックなスタイルのチョッパー屋さんなの?」とか聞かれたりしましたが、「うっせぇ、カリスマ糞野郎」と心の中で言っておきました)
自分的には"姿勢"というかそういう部分に対して付けたつもりでありんす。

んで屋号にAUTHENTICと入れた一番の理由は、自分を追い込む為なんですよね。
一人で仕事をしてると、大人になるにつれて心の中の悪のささやきが出てくるだろうなと。
屋号にAUTHENTICなんて入れちゃった日にゃ、下手な事は出来んわなといった感じですわね。

まぁ、こんな事いちいち人様に言う事でもないんでしょうが、「いい機会じゃん」の神が降りて来たので書かせてもらいました。


ほんで、本題の缶バッヂの話というかスペックを紹介します。

<小サイズ。>

直径31.914mm(最小単位は1/1000mm)※室温は20℃に管理


重量3.49g(最小単位は1/100g)※湿度は50%に管理


<大サイズ>

直径55.895mm(最小単位は1/1000mm)※室温は20℃に管理
  

重量9.57g(最小単位は1/100g)※湿度は50%に管理

・・・・・・・・・・NASAでやっていた頃の癖が・・・(※大津市南郷の床屋「NASA」ではない)

支援グッズなのに、しょうもない事書いてスミマセン。

大が、500円、小が300円です。ポケットの小銭で支援が出来て、缶バッヂがゲッツ出来る。
完璧です。

どうぞよろしくお願いします。

ダマシダマシ

ニューオーダーまで辿り着けなかった馬鹿D級アイアンですが、その後を気にしてもらってる方もいる様なので報告しておきます。


とりあえず、スローエアジェットがむき出しなのでここからゴミが入ったのかな?


てな事で、キャブを初めてちゃんとOHしてみた。

その後、あっさり始動。

治ったかと思い。別の日の開店前に堅田まで走って帰って来るが、「う~ん」何か違和感。


また別の日に気になっていたギア周りをバラしてみると・・・・ピニオンブッシュが焼けとるがなっ!

実を言うとこのバカアイアンはオイルが全然回って無いのです↓↓
ただ組み直すのもなんなので、ちょっと加工して・・・


オイルシールが入る様にしてみました。カワサキのW1とかこうなってますね。

これでちょっとでも油圧が逃げないかな?あんま効果無いかな?ちゅう感じです。

結果、やる前よりはちょっとマシになったけど、根本的に油圧が低いのでどーにもこーにもちゅう感じです。

このエンジンは私は組んでないので良く解りませんが、たぶん鉄ヘッドに対して柔らかい素材のバルブガイドが使われていて、エンジンが冷えた時にガイドが締まって抱きつきを起こしてたのかな?
パーキングで止めた後にかからなかったのはそのせいかと思う。


全然回っとらんがな・・・・・・

こんなにオイルが回ってないなんて、ダメ♡絶対!

この後、思いつく限りのダマシダマシな方法で若干改善させました。D級のDはダマシダマシのDという事を追加しておきます。

オイルポンプ、その他諸々治したい所が一杯ありますが、お客さんのバイクが優先なので、壊れるまで騙し騙し乗ってやります。
よってハイスロには自走で行きます。私のダマシダマシ・テクニックを駆使すればきっと逝けるでしょう。

交差点で無意味に吹かしてる私を見たら、「アイツだいぶ頭おかしいな~」と思って頂ければ大体あっています。
まぁ、最低な状態の物から見えてくる物もあるかと・・・


こっちは10年前に私の師が考案したハイボリュームポンプドライブギアを組んだナックル。組み立ては私がやりました。

完全にオイルが温まった状態ですが、ビュンビュン廻っております。ちなみにオイルは20w-50
を使用しております。
戻りはクランクケースの負圧でガンガン戻しております。

Home > Archives > 2012年09月

Search
Feeds

Page Top